AI、RPA

AI、RPAの活用

シェア管理部ではRPAエンジニアを有しており、
またAIを提供する上場会社とも連携しているため、
AIやRPAを活用したお客様の業務効率化のための体制を整えております。

管理部業務は定型化された作業が少なくないため、
AIやRPAを駆使した業務効率化との相性がいいと考えられています。
それでも人間の判断を要する場面はあるため、すぐに誰でも自動化させることは(今の技術では)容易ではないと考えられます。

RPAの導入にあたっては、現状の業務を細かく書き出し、それらをロボットに登録していかなければなりません。
その過程においてはロボットが動きやすい業務内容に変更することも考えられますし、
そもそもの現状の業務内容を見直して変更することも考えられます。
そのため、管理部業務を再設計する必要が生じる可能性があることから、
管理部業務に精通した人が担当することが理想的であるといえます。

また、会社によって使用しているソフトが異なるためにカスタマイズが必要となってしまったり、
使用しているブラウザアプリの仕様変更などにより当初設計したものがうまく機能しない可能性もございます。
そのため、画一的なロボットを一度作成したら広く汎用的に使用できるということではなく、
継続的なメンテナンスやそれを実行できる人材が必要となります。
RPAにはプログラミング的な要素も絡むため、現状は誰でも簡単に構築できるというものにはなっていません。

シェア管理部はRPAエンジニアなど、RPAの構築ができる人材をかかえており、
お客様への提供業務の中にRPAを組み込んで正確かつ迅速な業務提供ができる体制を整えており、
またお客様の業務にRPAを適用するためのコンサルティングを行うことも可能です。
RPAと相性のいいAI OCRを提供する上場会社とも連携しており、
広くお客様の業務効率化を実現させていただきます。